スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
クリスマスの過ごし方
2006 / 12 / 26 ( Tue ) 12:26:58
めずらしくシキ君から早く会いたいメールが来たので、準備をしつつ電話をすると寝てやがったので、クリスマスイブってことを除けば単なる日曜日の半分も過ぎたことだしもー今日は会えなくてもいいやと思ったけど結局会って、教会へ行ったら大司教(メイン)の会は22時からなのに、19時の会も人がうじゅるうじゅるいて立ちっぱなしだったから0時からの会が一番いいなと思いつつ祝福を受け、その後もシキ君は体調が悪いのか機嫌が悪いのかしらないけど話しかけるなオーラ出しまくりだったので、権八の予約もキャンセルしようかと悩んだけど、結局行ったけど、始終ほぼ無言な感じで終了
前に恋人とクリスマスを過ごそうと思わないとシキ君が言っていたし、翌朝5時半に起きれる自信がなかったし、体調も機嫌も悪いシキ君と一晩過ごすのは無理だと思っていたのでごはんもおごったことだし帰ろうと思っていたら、ごはん後から急にシキ君が触りだしてきてデレに豹変し「家へ来いよ」と言うので結局行くことになった
別に、クリスマスに独りになるなんて!と言ったあの人の涙を思い出したからでは決してないよ
おそらくシキ君はシキ君で、“恋の機嫌が悪いなぁ”と思っていたに違いない、なんて勝手なやつだ(どっちがだよ)それでも朝まで一緒にいようと言ってくれた恋人は大人だなと思う もしくは何も考えてない、期待してないやりたかっただけなのか
世の中のいちゃいちゃカップルなんてクリスマスイブからクリスマスへ変わる時間にはとっくに2ラウンド目に突入しているのか電車の中には手をつないでいるカップルすらいなかったので、密着しているあたしたちはさぞかし浮いていただろう というか、この日、初めて人の視線を感じた気がした
そういえば、ホームでいきなりチューされたときも、前のホームの人に見られたNё
電車の中で0時を越えちゃったので、そこで祝福のキスをしたのももしかしたら誰かに見られていたかもしれないけど結局やっていることはまたねのキスと変わらないという事実
いやいやいや、祝福を受けたあたしのキスはやっぱし一味違うだろうと思っておこう
いつもと違って朝の電車でもくっついていてくれたシキ君に胸がきゅーんとなって「内緒だけどね、好き」なんて言っちゃって、いつもと同じようにまたねのキスをしてそれぞれの道へ進んで、予想通り風邪をうつされ、心配してくれたシキ君が夕方に電話をくれたうえ、さらに夜に家電にまで電話をくれたけどそれは別の男を装ったなりすまし電話だった
「俺、俺 中出ししちゃったけど大丈夫だった?」というわけのわからない電話に、昨日は中出しじゃなくて口に出したくせにとこころの中で突っ込みつつ、「大丈夫だったよ」と大人な対応をするあたしはえらいと思う
その後に嫌がらせのようにあたしもなりすまし電話をかけたけど、考えてみたら話すことがまったくなかったし、あたしに風邪をうつしたはずのシキ君も体調が悪化していたのですぐに切ってあげたあたしはえらいうえに素敵な人間だと思う
その後、夜中の28時くらいに家電が鳴ってこんな迷惑な時間に電話をかけてくるのはシキ君ぐらいだろうと思ったらイトコだったのでそのまま悩みから恋愛からえろまでいろえろ語った
イブからクリスマスへ変わったころからずっとデレデレだったので終わりよければ全てよしだなと思ったけど、年賀状を出し忘れたことを今思い出したからやっぱし始めが肝心なわけで、1月1日の新年早々山に登るから!と突然シキ様から命令が下りたあたしはちょっと不幸だったりもしつつ、雨の中で市原悦子サイコーだなと思ったりもする

そんなクリスマスだった



スポンサーサイト

テーマ:クリスマス・イブ&クリスマス - ジャンル:恋愛

* 恋記 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<天使が見守る世界 * HOME * 天にまします我らの父よ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://rendezvous2nite.blog77.fc2.com/tb.php/110-03e7f1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。