スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
査定
2007 / 02 / 11 ( Sun ) 02:11:01
どうもあたしとシキ君はイベント時に不仲になる関係性を
持っているようだ

前回、クリスマスのあたりで不仲になって以来の不仲な夜

前回と同じくシキ君独りが勝手に不機嫌になってて
触れるなオーラバリバリフルスロットル状態

あたしは「grumpyだなぁ・・・」と思いつつも
会うことを承諾してくれたんでまぁいっかとも思っていた

いたんだけど・・・
シキ君てばさらに勝手に機嫌が悪くなっていくんだよね

結局、コンビニへ寄って、シキ君ちについたときに
それがマックスになったのか

「帰りたいなら、帰れば?」

と言われ、あたしも哀しくなって

「そんなんならいいよ、もう・・・」と言って外へ出た

外へ出たまではよかったんだけど、外は大雨

こっから濡れて帰ったら絶対に風邪をひくと思って
しばらく待ってみた

でも、まったく止む気配がないどころかひどくなっていく雨たち

どんどん体も冷えていくので、
結局、シキ君ちのインターフォンをしばらく鳴らし続けて
中へへ入れてもらった

相変わらずシキ君は機嫌が悪かったけど、
別に無視してればいいやと思って、
あたしも好き勝手に過ごした

「帰るっ」って言って、また戻ってきたってことは
シキ君の中ではマイナス評価になるんだよな
前に「戻ってこないほうがよかった」って言われたからね

今日の件であたしの査定はどのくらい落ちたのかなぁ



このまま雨が止まなきゃそれを理由に帰らないですむのにな

という思いが交差する

そんなあたしの卑しいこころを神様が見透かしたのか
残念ながら雨は止んでしまった

そのころにはシキ君の機嫌は治っていたから
別に帰らなくてもよかったんだけど

でも、一緒に過ごすための適当な嘘も見つけられないでいた

シキ君に引き止めてもらえないことはわかっていて
それでも、引き止めてほしくて
「帰る」と言いつつ、帰らないあたし

なんて情けないんだろう

「帰るの」と聞く彼に、「うん・・・」とだけ答える

あくまであたしの意思で決定させるシキ君
ためらいがちに「帰る」としか言わないあたし

おそらく、これがお互いの精一杯の譲歩

終電の時間まで残り30分

「帰りたくないな」とつぶやいた

ベッドに寝転がるあたしの上に重なりながら
シキ君が胸にキスを始めた

「帰れなくなっちゃうよ・・・」と
帰る気なんてないくせに言うあたしに

「帰りたいの?」と聞き返すシキ君

「その言い方は意地悪だよ」と答えるあたしに

「そうだね」とだけ言って愛撫を続けるシキ君

そして、あたしはされるがままにシキ君に身を委ねた


あぁ、別れるまでの猶予はあとどのくらい残っているのだろう



スポンサーサイト

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

* 恋記 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<bisous plus bisous * HOME * マヨネーズ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://rendezvous2nite.blog77.fc2.com/tb.php/134-a9f5b0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。