スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
騎乗位でわかるベストサイズ
2007 / 10 / 25 ( Thu ) 22:09:28
あたしには、わかりませんw

いや、だって、同じ相手でもそのときにって
大きさも硬さも違うじゃないですか。
もっといえば、こっちの状態だって、常に変動しているんです。
場合によって、ぎちぃだったり、きゅぅぅだったり、ぬろーんだったりするんです。
ぶっちゃけ、騎乗位だろうと正常位だろうとわんわんスタイルだろうと
お互いの気持ち次第じゃないかなぁ。

て、わけで、前置きがかなり長くなりましたが、
行ってきました!!

吉井和哉 genius indian tour at 武道館

gnus_indian_tour_logo

あたしは二階の南東席にいたんですが、
なんとすぐ近くにスクリーンが!!
おかげで、スクリーンでアップも見れるし、
横とは言え、生吉井さんの動きがまるっとみれる
おいしい位置でした。

スクリーンに映像が流れ出し、
吉井さんが現れた瞬間、感動で泣く泣く。
あの空気感に圧倒され、鳥肌がたち、
一緒にいったnikiと腕組んで号泣w

ステージ衣装は、
黒に細かいドットのライダース+黒サテンT、
下は黒パンに黒ブーツイン。
おまけに、黒サングラスという、クログロスタイル。

さすがに、ライダースは暑かったのか、
汗だっくで、途中から白いトップスに
変わってましたが。

吉井さんは、ファンサービスいっぱいで、
サイド側にもいっぱい来てました。
1階サイドは、手に触れてたし。
さらに、間奏中、ピースもしてたぁ!
正面はライトアップで見れないときだったので、
サイドへのサービスだね。

本日の「股間」は五回でした!

これを叫ぶためだけに行ったと言っても過言では。。
いや、やっぱし過言かなw

吉井さんの動きは、くねくね横揺れスタイルです。
昔はやった、音に反応して揺れる花みたいに、
くねりーん、くねりーんしてました。

シュレッダーの
「神様にあったらこんな風に言うんだ 
どんな目にあっても生きていたいです」
でやっぱり泣いた

call meも切なかった

OASIS don't look back in anger の吉井和哉詩ver.も
なんだかくるものがあった

winnerを歌う前に
「前は、怒りのアティチュードが、政治の人だったり、
何を作っても納得してくれないファンだったりしたけど、
今は、自分にしか向かなくなったことが感慨深い」
と言っていた。
それで、winnerの
「本当の敵は自分の中にいる」
ができたのかなぁなんて思いました。

が!が!
吉井さんが、「アティチュード、その、対象が、、」
って言ってたけど、

吉井さーん、吉井さーん、
「対象」はオブジェクトですよー!!
attitudeは態度ですってばー!!!

と、こころの中で突っ込んでおきました( ̄ー ̄)ニヤルッ

本編ラストが、eternityで、
希望がある感じで終わったのがよかったです。

アンコールでは、白スーツ、インナーも真っ白でした。
なぜか、靴だけ黒だったけど。

んで、「大人のバラードの時間です」と言ってましたが、
ホストっぽかったw

さらに、
乳首がたってるぅぅううううううううううううう
うううううううううううううううううううう!!!

さすが大人です。純白を纏いつつも、いろえろです。

ライブ全体的に、切なく情感たっぷり or えろえろ 
で歌ってることが多かったのに、
「雨雲」のサビ
「弱さだらけで恥ずかしいのに この愛を誓った 
i love you i love you」
の後で、ふっと、くしゃっと、照れたように、
微笑んだ顔が一番印象に残ってる。

絶望を抱えつつも「愛がある 嘘じゃなく」
と言えるようになった
吉井和哉に感動しました。

MCで、
「お金なんてたくさんなくても、
好きなことがやれればいい」と
言ってたけど、
そんなんだから今回のツアーギャラが22222円に
なっちゃうんだろうなぁw
映像もかなり凝っていて、相当お金かけたなって思った。

研ナオコさんが、ご自身のblog

24日のライブを愛があるからこそだけど、酷評してて、
あたしは25日にしか行ってないけど、
初めての吉井和哉体験は
すばらしかったです!
ただ、研さんが言うように、たくさんの人が満足したか
どうかはわかりませんが。

やっぱりライブは生き物だし、
口では言い表せない何か、
一体感をあそこで感じられてよかった。
吉井さんの歌は、CDで聴くよりもずっと、くるものがあった。

そんなわけなんで、
お金なーいと言っていたリンキンパークのライブも
やっぱし行くぅううううううううううううう
となってる今日このごろ。

そーいや、
歌い手がステージからいなくなる前に、
会場の照明が終わりを告げるように
明るくなるライブって初めてだったな。

といっても、
今回のツアーは2月のzeppツアーまで3部作だから、
終わりじゃないという意味かもしれないけど。

いやー、本当よかったよー。

早速、明日はカラオケで吉井和哉day!!
機種どうしよかっかなぁ。
なんで、ダムには「マンチー」が入ってないんだ!!
KY_face




スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

* 映画の感想 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<he belongs to me!! * HOME * 彼女と彼女>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://rendezvous2nite.blog77.fc2.com/tb.php/192-8652fee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。