スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
Maroon 5 @日本武道館
2008 / 03 / 11 ( Tue ) 23:52:34
定価以下でチケットを手に入れたんで、行ってきました。
Maroon 5@日本武道館。

一緒にいったのは、もちろんnikiです( ̄ー ̄)ニヤルッ。

なにより驚いたのは、アダムたん(歌ってる人)のヒゲの濃さでしょうか。
首の半分くらいまでがキラビヤカにひげぼーぼーな感じ(に見えました)。
いや、カラオケで見たライブ映像から、ひげがすごいのはnikiと確認済みでしたが、
生はやっぱり違いますなぁ。

それから、アダムたんの声の高さ!!
まさか、CDよりも高いとはねっ!!
おどろき。

さらに、ほぼ全曲がCDとは違う感じに聞こえました。
popってよりも、ロックバンドっぽかったな。
かっちょよかったの。
nikiも「80年代風と言ってすみませんでした。」と謝る勢いw

アダムたんは素敵な人で、
一生懸命たどたどしい日本語で曲紹介をしてくれました。
さらに、間違えて、やり直しました。
ステージに張ってあるカンニングペーパーも遠いせいでよく見えないのか、
結局、びりっとやぶって堂々と読んでました。

「シー!!静かに!!」というくせに、
静かになったらなったで、どきどきしてるアダムたんかわうぃかったです。
「ツグノ キョクハ ニホンダケ、トクベーツ」
と言って、やってくれたのがNothing Last Foever。
永遠なんてないってとこが妙に来て、泣けました。
今夜の泣きソングはこれと、She will be lavedだな。

She will be laved は、途中から目をつぶりながら聞いてましたが、
染み入ってきましたね、こころに。
大サビの前にアダムたんが急に歌わなくなって、
演奏も消えて、会場がシーンとなって、
そうすると、アダムたん、耳に手をあてて、歓声を求める。
さらに、足りないよ、もっとという感じで客を煽る煽る。
かわうぃ♪♪

アンコールも終わった後で、アダムたんがソロで歌いたいといい、
ソロおまけ。
その曲紹介が、
「こんなに美しい日だから、この曲を君にささげます。」とかなんとか
言ってました。
隣の人が、
「こんなこと言われたら砕ける!」と言ってましたが、
同感。

ライブ自体は1時間ちょい?30分くらい?と短く感じたけど、
nikiのお気に入りのkiwiも聞けたし、
いやぁ、今夜も楽しんだね!って言いながら帰りました。

来週は、YUKIです。
でもって、4月にNE-YO、
9月にアヴリル、
10月にレディオヘッドがあたしを待ってるぜ♪

やっぱり生ってよいね。
人が発するエネルギーってすごい。
近頃左脳を使ってばっかりのあたしには
本当に大切な時間でした。
また機会があったら聴きたいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

* * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<ホワイトデーにほわいとりくいど。 * HOME * 吉井和哉@zeppNAGOYA>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://rendezvous2nite.blog77.fc2.com/tb.php/217-d37bd5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。