FC2ブログ
BORNTHISWAY
2011 / 09 / 22 ( Thu ) 06:27:03
私は、「私の人生にあなたはいらない」と決断することができる。
それは、限りある人生に私を残してくれる人がいるからで、そこに自信もあるからである。

それがない人たちには居場所を見つけてそこが私のホームですと声高に叫ぶことは、本当に大変な作業だろう。
相手の言動を窘めてまで関係を維持し再構築するのは時間と労力と気力を要し、相手に伝わらない上にこちらが悪者になるというリスクも背負わなければならない。
20代後半にもなってくると、自分の居場所があると思えると、がんばってまでこの人をつなぎ止めておきたいと相手に思ってもらえるかどうか難しい。

過去の小さな失敗が積もり重なり一人歩きをし、人づたいに伝わることもある。
自分は、何かが悪かったようだとわかっても、実際にどこが悪かったか気づいていないこともある。


それでも、あなたにi love you the way you are と言ってくれる人が現れますように。
スポンサーサイト



* 未分類 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<MRI * HOME * ギンギラギン>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://rendezvous2nite.blog77.fc2.com/tb.php/273-8f5239a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *